• 2010年03月 の記事一覧

--年--月--日(--) 記事No.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

スポンサー広告 |  記事を編集 | 

2010年03月23日(火) 記事No.19
昨年、4日間で11万人もの観客を集めた、沖縄の新しいフェスティバル

「第2回沖縄国際映画祭」

沖縄国際映画祭


映画関係者など集まる華やかなイベントに今年はなんと50万人もの来場を
予想されているとのこと。


そんな華やかな会場に、なんと、沖縄が世界に誇る
「知名御多出横(ちなオーディオ)」が登場!!!


世界の常識を覆した独創的なピュアサウンドが
映画用のオーディオにも革命をおこします。
これまでの常識を超えた究極の映画鑑賞用オーディオシステムが、会場に登場しています。

シンプルな2本のスピーカーとシンプルなアンプだけで、複雑な5.1チャンネルを
はるかに超えた、自然で迫力ある映画再生が楽しめるのです。

独創的な「全指向性スピーカー」は、リスニングポイントを選ばず
正面でなくても、どこにいても最高の音を楽しめます。

長時間聞いても疲れない、限りなく透き通ったサウンドは
「無ハンダ溶接アンプ」の賜物。 はっと息を呑む場面のリアルさは
半端じゃありません。

これを聴かずして、映画用オーディオを選ぶなんてもったいない。



出展日時 : 3/25(木) から 3/28(日) 朝10時から夜9時まで

会場  : 沖縄県宜野湾市 沖縄コンベンションセンター 
      「コメディーバザール」


日本を代表するメディアの集まるこの機会、絶対に見逃せません!
沖縄の誇り「知名御多出横」のブースでお待ちしております。




(参考)第2回沖縄国際映画祭 コメディバザール参加企業名一覧


・朝日放送株式会社/Asahi Broadcasting Corporation
・アスミック・エース エンタテインメント株式会社/ASMIK ACE ENTERTAINMENT, INC.
・アンファー株式会社/ANGFA Co.,Ltd.
・株式会社エクシング/ XING lNC.
・株式会社エコマネジメント/ECOMANAGEMENT CO.LTD.
・株式会社NTTドコモ/NTT DOCOMO,INC.
・沖縄県 (財)沖縄観光コンベンションビューロー 沖縄フィルムオフィス
/Okinawa prefectural government Okinawa film office
・角川映画株式会社/Kadokawa Pictures, inc.
・関西テレビ放送株式会社/Kansai Telecasting Corporation
・宜野湾市/Ginowan City
・京楽産業.株式会社/Kyoraku Industrial Co.,Ltd.
・KDDI株式会社/KDDI CORPORATION
・株式会社幻冬舎/GENTOSHA INC.
・株式会社講談社/KODANSHA LTD.
・コミックリズ株式会社/Comic Ritz KK
・滋慶学園 COMグループ/JIKEI COM GROUP
・株式会社ショウゲート/SHOWGATE Inc.
・松竹株式会社/SHOCHIKU CO.,LTD.
・ショップジャパン/SHOP JAPAN
・株式会社スポーツニッポン新聞社/The Sports Nippon Newspapers
・スポーツマーケティングジャパン株式会社/Sports Marketing Japan, Co. Ltd.
・ソフトバンク株式会社/SOFTBANK CORP.
有限会社 知名御多出横/TINA AUDIO
・北谷町観光協会/Chatan town tourist association
・中京テレビ放送株式会社/CHUKYO TV. BROADCASTING CO.,LTD.
・株式会社TBSテレビ/Tokyo Broadcasting System Television, inc.
・株式会社ティー・ワイ・オー/TYO Inc.
・株式会社寺島情報企画/Terajima Joho Kikaku Co., Ltd.
・株式会社テレビ朝日/TV Asahi Corporation
・テレビ大阪株式会社/Television Osaka, Inc.
・株式会社テレビ東京/TV Tokyo Corporation
・東映株式会社/TOEI COMPANY,LTD.
・東京アニメセンター/ TOKYO ANIME CENTER
・東京コンテンツプロデューサーズ・ラボ/TOKYO CONTENTS PRODUCERS LAB
・株式会社ドウシシャ/DOSHISHA CORPORATION
・東宝株式会社/TOHO CO.,LTD.
・日活株式会社/NIKKATSU CORPORATION
・日清食品株式会社 /NISSIN FOOD PRODUCTS CO., LTD.
・日本コカ・コーラ株式会社/Coca-Cola (Japan)Company, Limited
・日本テレビ放送網株式会社/Nippon Television Network Corporation
・日本放送協会/JAPAN BROADCASTING CORPORATION
・株式会社ネルケプランニング/NELKE PLANNING CO.,LTD.
・株式会社NOBUKO/NOBUKO CO.,LTD.
・釜山国際映画祭/Pusan international film festival
・株式会社フジテレビジョン/Fuji Television Network, Inc.
・香港貿易発展局/Hong Kong Trade Development Council
・株式会社毎日新聞社/The Mainichi Newspapers Co.,Ltd.
・株式会社毎日放送/Mainichi Broadcasting System, inc.
・ヤフー株式会社 /Yahoo Japan Corporation
・株式会社USEN/USEN CORPORATION
・ユニジャパン(財団法人日本映像国際振興協会)/ UNIJAPAN
・株式会社よしもとアール・アンド・シー/ YOSHIMOTO R and C CO.,LTD.
・株式会社吉本倶楽部/YOSHIMOTO CLUB CO.,LTD.
・株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー
/YOSHIMOTO CREATIVE AGENCY CO., LTD.
・吉本興業株式会社/YOSHIMOTO KOGYO CO.,LTD.
・株式会社よしもとファンダンゴ/YOSHIMOTO FANDANGO CO.,LTD.
・讀賣テレビ放送株式会社/YOMIURI TELECASTING CORPORATION
・株式会社レコチョク/RecoChoku CO.,Ltd.
・株式会社ワニブックス/WANI BOOKS CO., LTD.
スポンサーサイト

はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

ニュース |  記事を編集 | 

2010年03月03日(水) 記事No.18
世界で初めて感覚的な不自然さまで解消する技術を確立し、正確な音の再現に成功した音響システム製作工房「知名御多出横(チナオーディオ)」の知名宏師さん。

そのハンドメイドのアンプとスピーカーから聴こえてくる臨場感溢れる音は、聴く人に目の前でプレイヤーが生演奏をしているような錯覚を起こさせる。

「オーディオ内部の配線の接続に使うハンダの電気抵抗が音の歪みを生み、正確な音の再現を邪魔していることから、自分はその配線に使われている銅線を溶接のみで繋いでみようと考えた訳なんです。アンプやスピーカーは、静電気でも壊れるくらい精密なパーツを使っていますので、これまで溶接は不可能だと思われていたのですが、何度も失敗を繰り返し、じゃあ溶接機から作ろうということになり、今に至るという訳です」。

そんな知名さんは、同時にフルレンジの円柱型をした全指向性のスピーカーも開発するなど、大手音響メーカーも真似出来ない理論と技術で、今や世界中から注目されている。

「普通の生活の中でスピーカーの前に腰を下ろして音を楽しむような事は、それほどありませんよね。ですから空間全体がリスニングポイントになるように、振動板の全面に反射板を取り付け、音を全方向に広げる事に成功しました」。

雑然と商品や趣味のラジコン飛行機が並ぶ知名さんのショールーム。そこは特別な空間ではなく、私たちが普段生活する空間となんら変わる事がない。しかし、そのスピーカーから鳴る音は、どの場所に居ても驚くほどクリアに響く。

「不可能を可能にするという精神を育ててくれたのがラジコン飛行機作りなんですよね。ラジコンを始めた時は、徹夜で一生懸命に組み立てて次の日に飛ばしに行く。そうすると、何度失敗しても空を飛ぶまで諦めることが出来ないんです。どんな事をしても飛ばしてやろうという、そのエネルギーは凄いと思いますよね」。

そんな知名さんのエネルギーの結晶であるアンプとスピーカーが鳴らす音は、人の心を揺さぶる力を持っている。

「例えば美空ひばりの歌を聴いて涙が溢れて来る。それは美空ひばりの歌に奥行きがあるからで、その奥行きを感じる為には、やはり生演奏を聴くのが一番です。ですから、僕が再現したいのは良い音ではなく、奥行きのある音なんですよね。
音そのものではなく、この部屋で本当にそこに演奏者がいて歌手がいて、目をつぶれば間違えてしまうような、そんな音ですよね。もう今は美空ひばりの生の歌声を聴く事はできませんが、いつでも過去の名演と呼ばれる演奏者の技を再現して蘇えらせる事が出来るというのは、本当に素晴らしい事だと思いませんか」。

知名さんは素晴らしい生演奏を聴くことで、それを完璧に再現したいという欲望が高まったと言う。絶えず本物に触れ、自分の仕事がバーチャルなモノを再現する事だと分かっているからこそ、その再現への欲望を忘れない。誰もが実現することが出来なかった、この完璧な音の再現は、そんな知名さんの欲望のたまものなのだ。

「自分の想いがあって、それをやり遂げるという事は、その過程も含めて本当に楽しいですよね。もちろん苦しみもありますが、それは楽しむ為に用意されているものですから」。

(FMフクオカ 匠の蔵HPより引用)

http://fmfukuoka.co.jp/takumi/list_detail.php?p_num=0




はてなブックマークに追加 はてなブックマークのコメント livedoorクリップに追加 livedoorクリップ数 niftyクリップに追加  del.icio.usに追加

ニュース |  記事を編集 | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。